banner
  • PSE
    概要 日本PSEは必須の安全認証であり、電子電気製品の証拠は日本の電気製品安全法(DENAN法)または国際IEC規格安全規格試験に合格しています。 Japan DENANの電気電子製品は2つのカテゴリーに分けられます。 116種類の製品を含む特定の電気製品(特定の製品)、 341種類の商品を含むB非特定商品。 特定電気製品は、日本の経済省の第三者認証機関製品および工場試験装置の検査、PSE認証の発行、3〜7年間有効な認証を受け、製品にPSEダイヤモンドのラベルが貼られている必要があります。 非特定電気製品は、自己検査によって証明され、製品の適合性を宣言し、製品にPSEサークルのラベルが付けられています。 日本の基準となる電気製品安全技術には2つの種類があります。 (1)項目1のベンチマークへの省は、国内の技術基準を指します。 (2)IEC規格に準拠した、項目1のベンチマークへの省。 に注意を払う必要がある、州は標準的な項目1と2を持っているベンチマークは、これら2つの標準を混在させることができないように注意を払うために、独立の標準システムに従って設立された州です。 規則の施行では見ていない最初の2つは「電気器具」の名前を指定し、「区別するタイプ」の電気製品に規定されているように。 「タイプ」とは、構造、材料、または性能を表し、「区別するタイプ」とは、同じ性質、材料、または性能の範囲の構造、またはこれら3つすべての組み合わせによって確認された製品安全性の側面を表します。多種多様な製品の種類では、おおよそ同じ要素の性質に従って、そして異なるグループに分けられて、これは「タイプ」です。したがって、その品種区分とモデルは企業と一致しない可能性があることに注意することが重要です。 AGCは国内サークルPSEテストで直接行うことができ、証明書とテーブルの種類を発行したレポートを発行し、テスト結果は経済産業省の承認を得ています。 リチウム電池PSE 2008年1月18日に、日本の経済産業省(METI)は電気用品安全法制定の法律に従ってキャビネットを発表しました。特定の範囲のリチウムイオン電池が電気用品安全のディレクトリに含まれています製品は、2008年11月20日以来、リチウムイオン電池の特定の範囲の日本への輸出は、サプライヤーのコンプライアンス宣言に関する法律の要件に準拠する必要があり、関連するPSEマークに記載されているペーストする必要があります 具体的な範囲は:二次電池、電池のエネルギー密度が400 wh / L以上に制限されていますが、二次リチウムイオン電池を搭載した自動車、医療機器、二次リチウムイオン電池に使用される産業機器を含みませんまた、機器に取り付けられた電池を固定するのと同様の方法で溶接または電池を取り付けることはできません(簡単に移動することはできません)、または電池の特別な構造を持つもの。規則によると、携帯電話、ノートブックなどのモバイル機器で使用されるリチウム電池の範囲のほとんどは、これらの電池および電池PSE試験規格はJIS C 8714:2007です。
    もっと見る
  • IDA
    概要 シンガポールの情報通信開発局(IDA、シンガポールの情報通信開発局)は、情報通信管理を担当する法定機関です。 http://www.ida.gov.sg/ iDAの使用と管理は、主にiDAが開発した技術仕様に基づいており、シンガポールで使用される機器を販売または通信する必要がある場合は、iDAを適用する必要があります。 アプリケーション要件 IDA タイプ RF /テレコム機器 権限 IDA 認証方法 SDoC /認証 地元の代表者の要望 はい(通信販売店の免許を持っている人) ローカルテスト依頼 いいえ リードタイム 2〜3週間 サンプル数量 少なくとも2セット 基本ファイル AGC申込書 CE-RFレポート 地元の代表者の関連情報 ユーザーマニュアル 製品仕様書 回路図 黒図 BOM PCBレイアウトとロケーション 外部とEUTの内部写真 ローカルローカルラベルサイズ リマーク 1、証明書は3年間有効です。 2、レポートは修飾される必要があります。
    もっと見る
  • KCC / MSIP
    概要 2007年8月7日にKCC-2008-108ファイルの発表、韓国通信委員会は、以前の韓国の情報通信省(MIC、情報通信省)を置き換えることを発表しました(KCC、韓国通信委員会)。 KCC認証は、韓国の「電気通信基本法」および「電波」の実施に基づく電気通信機器および製品のための必須の認証です。韓国通信委員会は、特定の製品認証の実施のために、認証機関に対してRRA(Radio Research Agency)を承認した通信製品の管理を担当しています。 KCC認証は、RRAによって発行された承認証明書を発行し、韓国のコンフォーマンステストのための以前のMIC認証認定試験所によって認証されています。 KCCは、最新の韓国の規制KCCに従ってMSIP(科学省、ICTおよび将来計画)と改名されました。 KCラベル KCCマークの新しい規制の具体的な内容は次のとおりです。 1、元からのKCC証明書/登録番号のKCCの代わりにMSIPで始めます。 2、NRRAへの申請書の提出、2013年7月1日から、システムは自動的に証明書/登録番号で名前が付けられたMSIP-XXX-XXX-XXXXXXXXXXXXXフォームを生成します。 3、KCC-XXX-XXX-XXXXXXXXXXXXXXフォームネーミング証明書/ 2013年7月1日以前に取得された証明書の登録番号を含むラベルは、2013年9月30日まで使用できます。 4、2013年10月1日以降に韓国に出荷される製品は、MSIP-XXX-XXX-XXXXXXXXXXXXXXの形式のラベルを使用する必要があります。 KCC認証証号コード解析 ①最初の4つのコードはMSIPです:科学省、ICT、そして今後の計画 ②認証タイプ 認証タイプ を示す 認証 C 登録 R 暫定 私 ③テスト部門 テスト部門 を示す 無線 R テレコミュニケーション T 電磁 E ミキサー M ④申請タイプ アプリケーションタイプ を示す 製造 M インポート 私 販売 S ⑤申込者ID:。 3桁のコードは英語の文字または数字で構成されています。初めての申請者は、KCCを申請した後に生成され、永久に申請者を表す会社IDを持っていません。 ⑥製品ID:申請者が自己コード化したもので、最大14桁までの文字、数字、またはリンク記号「 - 」を使用できます。 KCラベリング要件 商品ラベルは商品のサイズを変更できますが、商品のサイズが非常に小さい場合を除いて、高さを5 mm以上にすることはできません。 ラベルの色:基本的なKCのロゴの色は藍です。 Indigoを使用しない特別な理由がある場合は、次の色(金、銀、黒)を使用できます。 金/銀は、特殊な白熱/光沢のある印刷結果または任意のモノクロで使用することができます。 アプリケーション要件 タイプ ITE装置(EMC) 権限 RRA 認証方法 EMC登録 地元の代表者の要望 いいえ ローカルテスト依頼 はい リードタイム 3〜4週間 サンプル数量 少なくとも1セット 基本ファイル AGC申込書 韓国語のユーザーマニュアル 回路図 黒図 タイプ RF&テレコムデバイス 権限 RRA 認証方法 型式承認 地元の代表者の要望 いいえ ローカルテスト依頼 はい リードタイム 4〜5週間 十分な量 少なくとも2セット 基本ファイル AGC申込書 韓国語のユーザーマニュアル 回路図 黒図 PCBレイアウトとPCBの位置 BOM /部品リスト アプリケーションおよび製造業者向けのビジネスライセンス アンテナ仕様(モデル名、航空会社、利得、指向性、製造元、製造国、部分波特性、放射パターンなどを含む) チャンネルリスト 変調、ノモジュレーションプログラム、取扱説明書 テストプログラム 安全承認 権限 MIC 地元の代表者の要望 いいえ ローカルテスト依頼 はい リードタイム 4〜5週間のCB報告(作業検査を除く)いいえCB 5〜7報告の週(労働者を除く) サンプル数量 少なくとも2セット 基本ファイル AGC申込書 韓国語のユーザーマニュアル 回路図 黒図 PCBレイアウトとPCBの位置 BOM /部品リスト リマーク 1、工場監査の必要性 2つは、制御プロダクトすべて電気プロダクトの50V〜1000VそしてAC電源に使用されます
    もっと見る
  • SDPPI
    概要 インドネシアに輸出された無線製品は、インドネシアSDPPIの型式認証および通関検査に合格する必要があります。 2009年6月以来、インドネシアの郵便電信管理局(郵便通信総局、DGPT)は、型式承認保有者であることを義務付けられています。 インドネシアでは、低電力機器の安全要件は必須ではありません。 2.4 GHzおよび5 GHz無線認証は、POSTEL認証の必須要件です。 アプリケーション要件 インドネシアの認証申請は、外国の製造業者によって承認された認証保有者として地元のインドネシアの会社を提供する必要があります。インドネシア現地企業は、証明書保有者にベンダーローカルエージェント、ローカル卸売業者、またはローカルブローカーとして許可を与えています。 (あなたはインドネシアのローカルテストが必要です)。 証明書保有者としての地元企業の要件を満たすために、地元企業は以下の文書を提供する必要があります。 ファイルに含まれている必要があります。 協会コピーのA.act(インドネシアインドネシア語、「aktapendirian」) B.税番号コピー(インドネシア、 "NPWP") C.company登録コピー(インドネシア、 "TDP") D.輸入免許証のコピー(インドネシア、 "NPIK") さらに、現地代理店に関する情報を提供するだけでなく、関連する技術情報と申請書を提供する必要があります(現地販売店にのみ配布される証明書)。 SDPPI 権限 DGPT 地元の代表者の要望 はい ローカルテスト依頼 はい リードタイム 6〜8週間 サンプル量 少なくとも2セット 基本ファイル AGC申込書 ユーザーマニュアル 回路図 黒図 PCBレイアウトとPCBの位置 委任状 その他の特定文書 リマーク 2014年9月1日以降、SDPPI証明書はA証明書およびB証明書ではなくなりました 1.もうA証明書とB証明書はありません。 2.製造業者または輸入業者は直接SDPPI証明書を申請することができます。 3.証明書は3年間有効ですが、延長できるのは3年間だけです。 6年後、証明書は延期される必要がありますが、新しい申請書だけです。 4. 2014年11月14日、BTおよびWLAN機能を備えたすべての製品がプロトタイプを直接測定する必要があるため、Bluetooth製品は通常のプロトタイプを受け入れることができるため、ポリシーは取り消されました。
    もっと見る
  • WPC
    概要 インドの無線通信機器の輸入と販売のためのフォーム認定をインド市場で発行するインドの電気通信局に代わってインドワイヤレス計画調整局。 インドに輸出される無線製品は、WPC(Wireless Planning&Coordination Wing)認証を受ける必要があります。 アプリケーション要件 WPC (RF) 地元の代表者の要望 はい ローカルテスト依頼 いいえ、CEレポート リードタイム 6〜8週間 サンプル数量 該当なし 基本ファイル AGC申込書 委任状 その他の特定文書 リマーク 無線送信タイプの製品 TEC (通信技術センター) 権限 通信技術センター 地元の代表者の要望 はい ローカルテスト依頼 はい リードタイム 8週間 サンプル数量 少なくとも4セット 基本ファイル AGC申込書 委任状 その他の特定文書 リマーク テレコム端末製品のみ
    もっと見る
  • シリム
    概要 SIRIMはマレーシアの唯一の認証局であり、マレーシアに輸出される電気電子製品はSIRIM Certの承認申請をする必要があります。原則として、申請者はマレーシアの地元の機関であるべきです。 SIRIM認証申請と管理はSIRIM QASによって行われます。 マレーシアが課す強制的な製品認証システムは、2種類の認証と任意認証に分けられます。通信機器および電気機器は、それぞれ必須の型式認証および安全性認証の対象となる電気製品の31のカテゴリーに記載されている記事の例を承認します。他の製品は任意認証カテゴリーにあります。現在、電磁適合性のために、マレーシアに必須の要件はありません。 シリムマーク マレーシアには、CB IECEEシステムの要件を満たすためのさまざまな種類の製品があります。 MSマークおよびSTマークは、マレーシアに輸出される製品の自主的および強制的な安全標識です。 アプリケーション要件 IRIM (RF /テレコム機器) 権限 シリム 認証方法 型式承認 地元の代表者の要望 はい ローカルテスト依頼 はい リードタイム 8週間 サンプル数量 少なくとも2セット 基本ファイル AGC申込書 ユーザーマニュアル 回路図 黒図 PCBレイアウトとPCBの位置 RFモジュールのSPEC CE-RF + EMC +安全性レポート リマーク 1、輸入許可証が現地の担当者に解放されるまでサンプルを配達できません。 2、ラベルはSIRIMから購入する必要があります。 3、証明書の所有者のみがSIRIMから出荷ラベルと購入ラベルをインポートできます。そのため、各輸入業者は独自の証明書を持っている必要があります。
    もっと見る
  • VCCI認証
    概要 VCCIは日本の電磁適合性の象徴であり、情報技術機器による自主規制協議会が管理しています。CISPR22によると、情報技術製品の評価はVCCI要件に準拠しています。VCCI認証は必須ではありません製造者は最初にVCCIの会員になることを申請し、次にVCCIシンボルを使用することができます。VCCIの承認を得るためには、提供されるEMIテストレポートはVCCI登録承認によって発行されなければなりません。テスト機関 アプリケーション要件 EMCの承認 権限 VCCI 地元の代表者の要望 いいえ ローカルテスト依頼 いいえ リードタイム 1〜2週間 サンプル数量 少なくとも1セット 基本ファイル AGC申込書 ユーザーマニュアル 製品仕様書 回路図 黒図 部品表 PCBレイアウト/ PCB位置 リマーク 1、任意認証 2、申請者はVCCIのメンバーになる必要があります
    もっと見る
  • JATE
    概要 JATE(電気通信機器認証協会)は、日本の電気通信機器適合認証認証機関です。 電気通信ネットワークに接続されている通信機器は技術基準適合認証を必要とし、JATEは必須であり、認証機関はMIによって認定された登録機関です。 1985年に施行された電気通信事業法、タイトル68によると、日本の電気通信事業法では、日本の電気通信機器が強制認証を取得することが明記されています。 MPHPTは、JATE認定と呼ばれる、資格のある技術的条件を実施する唯一の資格のある機関としてJATEを認定しました。公衆ネットワーク電気通信機器のJATEは必須の認証です。承認された機器は、電気通信事業者に確認されることなく公衆網に接続することができます。 アプリケーション要件 テレコム承認 権限 MIC 地元の代表者の要望 いいえ ローカルテスト いいえ リードタイム 3〜4週間 サンプル数 少なくとも1セット 基本ファイル AGCアプリケーション 製品の説明 仕様 回路図 黒図 申請者および製造元のISO証明書 外部とEUTの内部写真 ラベルの位置とサイズ リマーク 1のプロダクトの異なったタイプおよび異なったによるサンプル量 2、製品は最初にQDL / EPL認証を取得する必要があります。 3、申請書はJATEに送付してください。
    もっと見る
  • テレック認証
    概要 TELECは日本の無線製品の強制認証であり、国内のSRRCに似たものがあります。これは日本のMICラジオ法に準拠しています。 具体的な試験仕様は、MIC(Ministry)Japan Notice No. 88の規定に従うことです。次のURLを参照してください。http://www.tele.soumu.go.jp/j/material/test.htm テスト仕様書の更新メンテナンスは、MICによって行われます。 2.4 GHz WiFi製品(802.11 b / g、2412-2472 MHZ)およびBluetooth製品(MIC Notice No. 88 Annex43の標準を使用しますが、2.4 GHz WiFi用) product 14 Channel(Channel 14:2471-2497 MHZ)では、個人はAnnex44テストを使用してレポートを発行する必要があります。 5 GHz WiFi製品(802.11 a、5180〜5320 MHz、W52バンド、W53バンド)はAnnex45のテスト規格に準拠していますが、データが示すように、MICはAnnex45、5.6 GHz機器(バンド)に変更されることに注意してください。 W56)はAnnex45として分類されており、56周波数帯のDFSはより厳密な試験要件を持っています。 上記のすべての仕様とその附属書1は、上記の標準を参照するので、附属書1の内容にも注意を払う必要があります。 アプリケーション要件 製品の種類 無線通信 認証局 MIC リードタイム 3-5仕事日 テスト要件 EMI 地元の代表者の要望 該当なし 技術資料 1.概略図 ブロック方式 ユーザーマニュアル 4.部品表 スクリーン印刷図 6.順位号 7.アンテナレポート 試験サンプル 2セット その他 ISO認証を申請した場合は、コピーを英語または中国語と英語の両方で提出してください。
    もっと見る

の合計 1 ページ

連絡先情報
  • 私たちの会社を訪問する

    2/F., Building 2, No.1-4, Chaxi Sanwei Technical Industrial Park, Gushu, Xixiang, Bao'an District, Shenzhen, Guangdong, China

  • 質問がありますか?お電話ください

    電話 : 400 089 218

  • お問い合わせ

    Eメール : agc@agc-cert.com

ようこそ AGC
ウェブサイトまたは弊社製品を使用する際に問題が発生した場合は、コメントまたは提案を書き留めてください。できるだけ早くご質問にお答えします!ご清聴ありがとうございました。

自宅

サービス

接触