banner

リーチ

概要
REACHは化学物質の登録、評価、認可および制限に関する規則です。それは2007年6月1日に発効しました。それは欧州連合(EU)の化学物質に関する以前の立法の枠組みを合理化し、改善します。

規格と規制

EU
REACH規則では、既存の物質を3つの形式に分けています。それ自体で、混合で、そして記事で。原則として、この規制はEUに投入されるほとんどの製品に影響を及ぼします(食品、医薬品、農薬を除く)。
SVHCとは
以下の危険有害性を有する物質は、非常に高い懸念のある物質(SVHC)として識別されるかもしれない:
(1)発がん物質、変異原物質、生殖毒素(CMR)cat 1Aおよび1B
(2)持続性、生体内蓄積性および毒性(PBT)
(3)非常に持続的で非常に生体内蓄積性(vPvB)
(4)上記と同等の物質
現在、SVHC候補リストには163物質のうち8バッチがリストされており、ECHAは毎年2バッチを公表する予定です。

SVHCの要件
物質 SVHC(第31条) SDS
混合 混合ガス:SVHC≧0.2体積%
非気体混合物:SVHC≧0.1%(w / w) 第31条
SDS
記事 SVHC濃度≧0.1(w / w)
第33条
安全な使用方法に関する十分な情報を提供してください。
最低限、その物質の名前。 (リクエスト受領後45日以内)
SVHCは段階的に許可リスト(REACHの附属書XIV)に含まれることがある。リストに登録されたSVHCは、承認の対象になります。これらの物質は、特定の使用に対して許可が与えられていない限り、または使用が許可から免除されていない限り、市場に出すことも、特定の日(日没日)後に使用することもできません。

規制のリスト(REACHの附属書XVII)には、欧州連合において製造、市場への投入または使用が制限または禁止されている物質が含まれています(単独で、混合物として、または記事として)。リストには63のエントリが含まれており、継続的に更新されます。規制は物質制限に対する最高の火災安全性であり、企業は製造過程で最初にこの規制を順守する必要があります。

チャイナリーチ (中国における新規化学物質登録)
2010年1月19日、中国の環境保護省(MEP)は、新化学物質の環境管理に関する規定の改訂版(注文番号7)を発表しました。この新しい規則は、2003年に発行された古い規則に代わるもので、2010年10月15日に発効しました。この規則はEU REACHに似ており、「China REACH」としても知られています。

この規制の下では、企業は、年間トン数に関係なく、新しい化学物質について、環境保護省(MEP)の化学物質登録センター(CRC)に新しい化学物質通知を提出するものとします。中国で生産または輸入された既存化学物質のリスト(IECSC)。この告示は、調剤中の新物質それ自体、放出されることを意図した物品に適用されるだけでなく、医薬品、農薬、獣医薬、化粧品、食品添加物、飼料添加物などの原料または中間体として使用される

改正日本の化学物質管理法
法の紹介
「化学物質の評価及び製造等の規制に関する法律」は、1973年から市場に投入された化学物質を販売前に厳格に評価している「化学物質管理法」として知られています。最新の改正法は、2009年5月20日に公表されました。改正法は、2011年4月1日から完全に施行されました。
日本CSCLの範囲
日本CSCL 新化学薬品と既存化学薬品の両方を含む一般産業用化学製品のみを対象としています。食品または飼料添加物、医薬品、化粧品、農薬および化学肥料はさまざまな法律および行為の対象となります。
一般的な工業用化学製品は、産業安全衛生法(ISHL)、毒物および有害物質の管理法、大気汚染防止法、および水質汚濁防止法の要件の対象となる場合があります。
実施に責任を負う3つの政府機関 CSCL 経済産業省(METI)、労働福祉省(MHLW)、環境省(MOE)があります。
日本のCSCLで規制されている化学物質
以下のカテゴリーの化学物質は、日本CSCLによって規制されています。
  • 第一種特定化学物質(28物質)
  • クラスⅡ指定化学物質(23物質)
  • 化学物質のモニタリング(39物質)
  • 優先度評価化学物質(〜139物質)。
  • 新しい化学物質(〜6500物質)
  • ジェネラルケミカルズ
新しい分類体系
化学物質の評価及び製造等の規制に関する法律(改正後)
分類 対策
第一種特定化学物質
- 持続的かつ生物蓄積性。そして
ヒトまたは主要捕食者に対する長期毒性
- 製造/輸入の技術的禁止
- 指定された以外の用途の禁止(必須用途)
- 特定商品の輸入禁止
- 技術基準の遵守およびそれらを含む物質および製品の表示
- さまざまな政府の命令(回収など)
クラスII特定化学物質
- 低生体内蓄積性および環境毒性またはヒトに対する長期毒性
- 計画数量と実績数量、用途などを通知します。
- 計画数量の変更が必要
- 物質およびそれらを含む製品の技術基準を公表する
ラベリング義務
化学物質のモニタリング
存在する化学物質
- 持続的かつ生物蓄積性
- 製造/輸入数量、用途などを通知する
- 情報共有(サプライチェーン)
- レポート使用
- 危険有害性調査のための指令
優先度評価化学物質
タイプIIおよびIIIモニタリングから
- 迅速なリスク評価が必要
- 詳細用途:30の分類
製造業者/輸入業者
- 製造/輸入数量、詳細な用途などを通知します。
- 情報共有(サプライチェーン)
毒性試験/ハザード調査
- 使用レポート
メッセージを送る

ウェブサイトまたは弊社製品を使用する際に問題が発生した場合は、コメントまたは提案を書き留めてください。できるだけ早くご質問にお答えします!ご清聴ありがとうございました。

ご質問やご提案がございましたら、私たちにメッセージを残してください、私たちはできる限り早くあなたに答えます!

連絡先情報
  • 私たちの会社を訪問する

    2/F., Building 2, No.1-4, Chaxi Sanwei Technical Industrial Park, Gushu, Xixiang, Bao'an District, Shenzhen, Guangdong, China

  • 質問がありますか?お電話ください

    電話 : 400 089 218

  • お問い合わせ

    Eメール : agc@agc-cert.com

ようこそ AGC
ウェブサイトまたは弊社製品を使用する際に問題が発生した場合は、コメントまたは提案を書き留めてください。できるだけ早くご質問にお答えします!ご清聴ありがとうございました。

自宅

サービス

接触