banner
  • SDPPI
    概要 インドネシアに輸出された無線製品は、インドネシアSDPPIの型式認証および通関検査に合格する必要があります。 2009年6月以来、インドネシアの郵便電信管理局(郵便通信総局、DGPT)は、型式承認保有者であることを義務付けられています。 インドネシアでは、低電力機器の安全要件は必須ではありません。 2.4 GHzおよび5 GHz無線認証は、POSTEL認証の必須要件です。 アプリケーション要件 インドネシアの認証申請は、外国の製造業者によって承認された認証保有者として地元のインドネシアの会社を提供する必要があります。インドネシア現地企業は、証明書保有者にベンダーローカルエージェント、ローカル卸売業者、またはローカルブローカーとして許可を与えています。 (あなたはインドネシアのローカルテストが必要です)。 証明書保有者としての地元企業の要件を満たすために、地元企業は以下の文書を提供する必要があります。 ファイルに含まれている必要があります。 協会コピーのA.act(インドネシアインドネシア語、「aktapendirian」) B.税番号コピー(インドネシア、 "NPWP") C.company登録コピー(インドネシア、 "TDP") D.輸入免許証のコピー(インドネシア、 "NPIK") さらに、現地代理店に関する情報を提供するだけでなく、関連する技術情報と申請書を提供する必要があります(現地販売店にのみ配布される証明書)。 SDPPI 権限 DGPT 地元の代表者の要望 はい ローカルテスト依頼 はい リードタイム 6〜8週間 サンプル量 少なくとも2セット 基本ファイル AGC申込書 ユーザーマニュアル 回路図 黒図 PCBレイアウトとPCBの位置 委任状 その他の特定文書 リマーク 2014年9月1日以降、SDPPI証明書はA証明書およびB証明書ではなくなりました 1.もうA証明書とB証明書はありません。 2.製造業者または輸入業者は直接SDPPI証明書を申請することができます。 3.証明書は3年間有効ですが、延長できるのは3年間だけです。 6年後、証明書は延期される必要がありますが、新しい申請書だけです。 4. 2014年11月14日、BTおよびWLAN機能を備えたすべての製品がプロトタイプを直接測定する必要があるため、Bluetooth製品は通常のプロトタイプを受け入れることができるため、ポリシーは取り消されました。
    もっと見る

の合計 1 ページ

連絡先情報
  • 私たちの会社を訪問する

    2/F., Building 2, No.1-4, Chaxi Sanwei Technical Industrial Park, Gushu, Xixiang, Bao'an District, Shenzhen, Guangdong, China

  • 質問がありますか?お電話ください

    電話 : 400 089 2118

  • お問い合わせ

    Eメール : agc@agc-cert.com

ようこそ AGC
ウェブサイトまたは弊社製品を使用する際に問題が発生した場合は、コメントまたは提案を書き留めてください。できるだけ早くご質問にお答えします!ご清聴ありがとうございました。

自宅

サービス

接触